2013春の20代ファッションコーデ

いつも、テレビを見ていて思うのですが、さまぁ~ずの大竹一樹さんってお洒落ですね。まるで赤やピンクが似合う男性の代表のようです。俳優さんや歌手の方々は、お洒落で格好良くて当然のように感じるんですが、お笑いの方がお洒落だと必要以上に好感を感じてしまいます。

一般的に、黒や青などのクールな色が男っぽいイメージですが、赤やオレンジ、特にピンクのような暖か味のある色を着こなせる男性は、女性にとって安心感を与えるのか、とても好印象でお洒落だと思います。

普段身に着けない色を選ぶのは勇気がいることかもしれません。でも、小物で取り入れるよりも、シャツやTシャツに暖色を用いれば、顔も血色良く映えますし、やる気に満ち溢れた印象を与えることも出来ます。毎日仕事で頑張って疲れている男性にこそ、赤やピンクを取り入れたお洒落をオススメしたいです。

旦那の誕生日プレゼントを探しに行ってすてきなお店に初めて入ってみました。
エストネーションという名前のブランドのようなのですが、知らなかったです。
やはりそういうところで働く人はおしゃれなんですね!
このごろよく街でも見かけますが、靴はおしゃれなサンダルに、
パンツは、ハーフパンツ。きれいなイエローのカーディガン。

よっぽどおしゃれな人じゃないと一般人は着こなしづらいファッション・スタイルですよね。
個人的には、こんなにおしゃれな人が合コンとかにいたら、一瞬で恋に落ちちゃうかもしれません。

パンツは、ハーフパンツ。きれいなイエローのカーディガン。
よっぽどおしゃれな人じゃないと一般人は
よく見てみると、1個ずつのアイテムはカジュアルに使えそうなものです。
でもなぜか、うまく組み合わせることで、くだけすぎず、
フレンチ・レストランのような場所でもお店の雰囲気に溶け込めそうな感じなんです。

店員さんがあまりにもすてきなので店員さんが着ていたシャツとはいていた靴を店内で探して気づいた時にはもうレジの列に向かっていました。
「こういうのを1つ持っておくと重宝しますよ」と店員さんがストールを持ってきてくれたのですが、これがまた麻100%のさわやかな雰囲気。よりおしゃれなスタイルになりそうです。

20代のメンズ夏服でオススメなもの

普通男性のスーツと言えば、シャツにネクタイにジャケットですが、その間にジャケットとおそろいの生地でジレ(ベスト)を入れて欲しいです。

ちょっとこれでフォーマルな感じというか、外国人のスーツのようにカッコよく決まります。

欲を言えば、カフスボタンやネクタイピンとかをしているとさらにカッコよく決まると思います。

友人の結婚式なんかでこういったスーツの着方をした人を見かけるとそれだけでちょっとワンランク上の男性に見えてしまいます。

最近は上手にスーツを着ている人が増えてきているので密かにチラチラ観察して見てしまいます。

「これからドライブにでも行く?天気もいいし。」と彼氏が誘ってくれました。
彼のファッションセンスにかなりがっかりしてしまったんです。「その服、あまり好きじゃないな・・・」と本人も気持ちも考えず、思ったことをそのまま言葉にしてしまいました。
ちょっとひどいですが、仕方なかったんです。

一瞬見ただけだと、よく見かけるコットンの長そでTシャツなのに、
うしろから見ると、なんともいえないロゴのプリントが・・・。
こういうファッションの人と外に行きたくないな、と本人に言いそうになってしまいました。
ちょっとひどいですが、仕方なかったんです。
一瞬見ただけだと、よく見かける
私のわがままなのかもしれませんが、
イケてない服は、部屋の中だけで着る分には別に構わないですが、
外で着るのは勘弁してほしいと思ってしまいました。
どんなに変でも、一生懸命この服をつくった人がいることは確かなので、
どういうプリントが入っていたのかはみなさんのご想像におまかせしますが、

私自身はどうしても「ない!」と思ってしまうセンスのTシャツだったので、
彼はしぶしぶ着替えをしに部屋に戻り、再び登場。
次に着てきたのはただの真っ白なTシャツ!生地もうすくて、下着のようでした…。
彼に期待しちゃだめだ、と悟り、私が選ぶしかないか・・・と思いました。

20代後半から始めるメンズファッション

夏になるとおしゃれだなと感じる男性のファッションは白とかベージュとかネイビーのラルフローレンの短パンにジェームスパースみたいな質の良いTシャツと純一がけのカーディガンに素足にスニーカーか革靴です。

足首にアンクレットもおしゃれですね。

あまりゴテゴテせずにシンプルな色使いとシンプルで上質なものをあわせた大人カッコいい感じが大人の男の余裕を感じさせるので大好きです。

若い人がしても似合うと思いますし、年配の方がしてもすっきりおしゃれにまとまるので意外と誰にでもチャレンジしやすい格好だと思います。

女子ウケは絶対いいはずです。

友だちには「変わってるね」と言われますが、
私は「ちょいダサ」な男の人がむしろ気になっちゃいます。
ファッションセンスに自信がもてない私にとっては、
隣に並ぶ人のファッションセンスがすごいと、常にファッションに気が抜けなくて落ち着かないと思うんです。

完璧におしゃれな人よりも、ちょっと抜けているほうが「かわいい!」と思ってしまうんです。
ちょっと弱みが見えるところが最高!
なんだかほっとするな~といつもその人のことが気になり始めます。

常にファッションに気が抜けなくて落ち着かないと思うんです。
完璧におしゃれな人よりも、ちょっと抜けているほうが「かわいい!」と思ってしまうんです。

それとは対照的に、いつもおしゃれをしている男性はきっとしっかりしているし、
母性本能をくすぐられないなと思って、彼氏の候補からはその時点で外れてしまうことが多いです。

本当はそれが事実っていうことはたいていありえないだろうとはわかってますが、
なぜか無意識にそう思ってしまいます。
しかし、「ちょうどいい」ダサさというのはあって、
私が好きなのは「ダサい」ではなく「ちょっとダサい」なのです。

結婚式に着ていくおしゃれスーツは?

私が男性の服装で気になる点は清潔感です。すごく格好いい人でもよれよれのシャツを着ていたり、シミの付いた服を着ているととっても残念な気がします。身だしなみなので多少の気遣いが必要だと思います。一緒にいると恥ずかしい格好されているとデートするにはちょっと悲しくなるというのが本音です。ボロボロの格好よりは白のシャツとジーンズとかでシンプルな格好の方が清潔感もあって素敵だと思います。私が男性に思うので男性側もきっと清潔感は大事だと思ってるはずなので、私自身も清潔感や見た目のシンプルさには気をつけています。これから、暑い季節になるので余計清潔感が大事だと思います。

男性のファッションは、どれだけ顔がよくたって、一番いやなファッションはタンクトップなんです。
どうしてそんなにいやかと聞かれたってわかりません、と答えるしかありません。どうしても受け入れられないのです。

しかも華奢な人が一番着てはいけない服であるタンクトップを着ていると、どうにか上を着てくれませんか?って言いそうになります。

どうしても受け入れられないのです。
しかも華奢な人が
暑くなってくると街中にタンクトップがかなりたくさんになるので、夏がくるたびに勘弁してほしいと思います。

たまにRED WINGのブーツにハーレーという組み合わせで、定番のデニムを履き、極めつけにはタンクトップ!なんていう男の人がいますが、嫌で嫌でたまりません。隣に並ぶのさえ絶対に無理なので受け入れるのは難しいです。

20代男性のファッションでモテる方法

街で結構頻繁に見かけるウエスタンぽいとんがった靴にチェーンベルト的な男性のファッション、あれがとっても苦手です。
以前食事に誘われた男性がいたのですがまさにそんなかんじで耳にはピアスがしてありました。
身の毛もよだつほどイヤで早々に食事を済ませて帰った記憶があります。
結構そうゆうファッションの男性はこだわりがあるのか、ファッションに自身満々だったり、自己顕示欲も強い傾向がある気がします。
ジーパンの先から出るあのトガとんがり靴がものすごく苦手、どこかで時間が止まってませんか?とちょっと時代遅れな感じもしてしまいます。

もうすっかり半そでで過ごせる時期なんですね。男性の服装で好きなコーディネートは、だんぜんスーツがいいです!昔ってみんな若い人もスーツをシャキッと着こなしていて、「かっこいい!」と良くあこがれたものです。どんなおしゃれな服よりもかっこいいと思えるコーディネート!

安いスーツだとだめだとまでは言いませんが、ぜいたくかもしれませんが、高級なスーツがいちばん最高です。でも、もうバブルじゃないんだし、そんなのは無理な希望だとは思います。

コーディネート!
安いスーツだとだめだとまでは言いませんが、ぜいたくかもしれませんが、
ということで、ブランドものじゃなくていいです。ただし、有名ブランドのネクタイとか華やかな色のネクタイをコーディネートできる男性がすてきだなと感じますね。

あと、じつはスーツの色にも好みがあって、好きな色は、ブラック系(黒、濃紺、など)。首元のネクタイは、うすいピンクとかパープルとか明るい、やさしげな色を合わせている人がいいです。
じゃなくていいです。ただし、有名ブランドのネクタイとか華やかな色のネクタイをコーディネートできる男性が